【議事録】第71回 定時総会

第71回 一般社団法人三重県診療放射線技師会
定時総会議事録

1 開催日時  令和3年5月23日(日)13:15~14:00

2 開催場所  Web Zoom

会員総数  552名

参加会員数 404名(新型コロナ感染症対策によりオンライン開催となったため事前書面決議方式)  

5 総会出席役員 

 【理事】界外 忠之、山田 剛、武藤 裕衣、森田 英稔、浅沼 源示、丹羽 正厳、磯部 好孝、難波 一能、刀根 淳也、白藤 裕敏、小林 篤、後藤 末成、三好 佳仁、姫子松 博洋、福田 剛史、太田 茂治、四竃 明日香

【監事】中西 左登志、牧 浩昭

【参与】北岡 ひとみ

6 総会司会 

・丹羽正厳

7 総会の議長の氏名

・松浦佳苗  

8 議事録の作成に係る職務を行った理事の氏名 

・磯部好孝

9  開会の辞

・13時15分、山田副会長が第71回一般社団法人三重県診療放射線技師会定時総会の開会を宣言

10 会長挨拶 

11 表彰受賞者紹介

・勤続50年表彰受賞者 葛原三千克氏

・勤続30年表彰受賞者 井後新衛氏、大友秀夫氏、鈴木廷氏、森田昌枝氏、小林篤氏、山本憲一氏、佐光宏泰氏、堀田正弘氏、以上8名

・日本診療放射線技師会地域役員功労表彰受賞者は伊藤守弘氏

・日本公衆衛生協会公衆衛生事業功労者表彰受賞者は落合嘉平氏

12 議長選出

・鈴鹿医療科学大学 松浦佳苗氏

13 議長登壇

14 資格審査を報告

・今回は新型コロナウイルス感染対策の都合上、事前に会員に対して書面評決を求めました。会員総数552名に対し、委任状165を含む、書面評決239(合計404)であったため、過半数を超えている。定款第17条により本総会は成立を宣言議事録署名2名に、森田業務理事及び磯部業務理事を指名し議案の審議に入った。

15 議事の報告結果及び議案別決議の経過

報告1号について報告

・令和2年度事業経過を界外会長より報告

・令和2年度庶務報告を磯部業務理事より報告

・牧監事より外部監事による監査報告書並びに令和2年度監査報告書の内容報告

・報告1号に対し書面も併せ、意見なし

報告2号について報告

・令和3年度事業計画を界外会長より報告

・令和3年度予算を森田業務理事より報告

・報告2号に対し書面も併せ、意見なし

決議事項の審議

・第1号議案、貸借対照表及び正味財産増減計算書の承認について森田業務理事より提案

・第1号議案に対し書面も併せ、意見なし

・第1号議案承認に対し委任状による議決権として、議長113票、界外会長21票、山田副会長6票、森田業務理事10票、磯部業務理事1票、丹羽業務理事11票、中西監事3票、書面評決での賛成232、反対2、保留5。以上より、賛成多数で第1号議案は可決

その他事項

・その他の事項は書面による事前意見も併せ、なし

議長は予定の議案はすべて決議され滞りなく審議を終えたことを宣言し、総会役員を解任

16 議長降壇

17 閉会の辞

・武藤副会長が、第71回一般社団法人三重県診療放射線技師会定時総会の閉会を宣言

以上をもって本日の議案全ての審議を終了し、14時00分に閉会した。

上記の通り、原本と相違ない事を証明する。

令和3年5月23日

一般社団法人 三重県診療放射線技師会
会長 界外 忠之

【議事録】令和2年度 第7回理事会

令和2年度 第7回理事会議事録

1 開催日時  令和3年2月24日(水)19:05~21:00
2 開催場所  web Zoom
3 出席者氏名 
【理事】界外 忠之、山田 剛、武藤 裕衣、浅沼 源示、森田 英稔、丹羽正厳、磯部 好孝、難波 一能、刀根 淳也、白藤 裕敏、姫子松 博洋、三好 佳仁、四竃 明日香、小林篤

【監事】中西 左登志、牧 浩昭

【参与】北岡 ひとみ

4 進行等

定款第30条により会長が議長となり、19:05開会を宣言した。

理事会を構成する理事18名のうち12名及び監事2名の出席を得たので、適法に成立する旨を述べ、議事の審議に入った。(難波、小林、途中参加により最終参加理事14名)

5 議事録作成 磯部 好孝

6 議事

【会長報告事項】 (資料1)

(1)県技師会メール配信サービスvol7683号を配信した。

(2)事務所移転に伴う郵便局法人口座の住所変更を行った。

(3)日本放射線公衆安全学会の役員選挙に伴い、法人会員の選挙人届を行った。

(4)JART全国会長会議に出席した。(資料2)

(5)令和2年度学術講演会を令和327web開催した。

(6)事務所内無線LAN等の工事を24日に行った。

(7) 岐阜県診療放射線技師会70周年記念式典について
・コロナ感染の影響から規模を縮小し開催するため来賓としての招待も見合わせると岐阜県小野木会長より書面が届いた。

(8)令和3年度男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰候補者の推薦を見送った。

(9)令和3年度秋の外国人叙勲候補者の推薦を見送った。

(10)令和2年度三重県診療放射線技師女性部会web会議に参加した。
・県技師会HPに掲載中の妊娠中の働き方事例集掲載期間を3月末までとする。
・令和3年度は女性部会単独の研修会を開催する。テーマはアンガーマネジメント、技師業務の指導システムで秋頃、開催予定。

【業務理事会検討済事項】

(1)告示研修のJART共催につい
・共催ではなくJARTの主催事業として費用もJARTで賄ってもらいたいと回答。

(2)車載型CT装置の要請について
・コロナ陽性患者の入院トリアージに車載型CTの導入を知事に申し入れる準備を進めている県があるが三重県としては要請しない。

(3)事務所引っ越し作業の日当について
・規程がないため日当を支払わない。

【決議事項】(資料3)

(1) 令和2年度、新入会員、転入会員の承認について
・新入会2名、について全会一致にて承認された。

(2)事務所備品の購入について(資料4)
・事務所備品購入委員会を立ち上げ検討していく。

(3)web会議ツール利用規程について (資料5)
・武藤副会長より利用規定を作成。賛成多数にて承認された。

(4)事務所利用規程について(資料6)
・森田業務理事より利用規定を作成。賛成多数にて承認された。

【検討事項】

(1)当会の関連学会について
・法人会員学会は三重県公衆衛生学会のみにする。

(2) 令和3年度年間事業計画および事業予算について(資料7)
・当会事業計画としては、ほぼ例年通りの事業および予算を計上している。
・特別事業である昨年延期の第62回東海四県学術大会は開催予定。開催方法については、コロナ禍の影響をみながら柔軟に対応する。
・告示研修については、開催時期・内容など現時点では不明であるが、各位の協力を依頼する。

(3) 令和3年度年間事業テーマについて
・人材育成で進めていく。

(4)71回三重県診療放射線技師会定期総会について
・5月23日web開催を予定。議長も検討。

(5)県技師会組織への委員会・班制度の導入について(資料8)
・組織構築について継続して検討。

【その他】

(1)令和4年度診療報酬改定へ向けたアンケート調査協力のお願い。

(2)原子力災害時の放射線被ばくの防止に関する研修会参加のお願い。
・参加者は白藤理事、もう1名参加者募集中。

(3)令和3523日総会までのスケジュールの確認。

(4)新型コロナワクチン接種活動支援について
・厚労省から具体的な活動要請があった場合は積極的に協力をしていく。

(5)三重県医療事故調査等支援団体連絡協議会への出席。

(6)JART臨時総会への出席web会議
・議題は会費等納入規程の改正。

上記の如く、界外会長より報告があった。

【副会長・業務理事報告事項】

(1)学術担当:山田副会長
・新春学術講演会の開催について日時令和3年2月7日web開催。約200名の参加。
・今後web開催の場合は技師会からのマイクの提供を検討。

(2) 医療安全・危機管理担当:姫子松理事
・令和2年度年間事業総括企画は医療安全を中心に検討中。
・県技師会企画、運営アンケート調査について検討。

 以上をもって本日の議案全ての審議を終了し、21時00分に閉会した。

上記の通り、原本と相違ない事を証明する。

令和3年3月8日

一般社団法人三重県診療放射線技師会
会長 界外 忠之

【議事録】令和2年度 第6回理事会

令和2年度 第6回理事会議事録

1 開催日時  令和3年1月15日(金)19:00~20:40
2 開催場所  web Zoom
3 出席者氏名 【理事】界外 忠之、山田 剛、武藤 裕衣、浅沼 源示、森田 英稔、丹羽 正厳、磯部 好孝、難波 一能、刀根 淳也、白藤 裕敏、姫子松 博洋、三好 佳仁、福田 剛史、四竃 明日香、後藤 末成

【監事】中西 左登志、牧 浩昭

【参与】北岡 ひとみ

4 進行等

定款第30条により会長が議長となり、19:00開会を宣言した。

理事会を構成する理事18名のうち14名及び監事2名の出席を得たので、適法に成立する旨を述べ、議事の審議に入った。(難波、途中参加により最終参加理事15名)

5 議事録作成 磯部 好孝

6 議事

【会長報告事項】 (資料1)

(1)県技師会メール配信サービスvol6875号を配信した。

(2)令和2年度フレッシャーズセミナーを開催した。
・令和2年11月1日(日)web開催、受講者41名。

(3)診療放射線技術フォーラムを開催した。
・令和2年12月12日(土)web開催、受講者104名

(4)令和2年度中日本地域会長会議・JART教育委員会に出席した。
・令和2年11月17日(火)web開催。

(5)県技師会事務所の移転に伴い、法人登記を修正した。

(6)令和3年秋の叙勲について
・推薦調書が期日まで間に合わず、伴野先生の叙勲推薦は見送りとなった。

(7) 令和2年度日本公衆衛生協会公衆衛生事業功労表彰について
・鈴鹿回生病院の落合技師長が被表彰者に決定。

【業務理事会検討済事項】

【検討事項】

(1)2021、2022年度三重県技師会代議員および補欠代議員の指名
・三重県の会員数の増加に伴い代議員定数が3名から4名に増えた。本来、立候補であるが、立候補者がいない場合に備えて慣例に従い事前に決めておく。代議員は界外会長・山田副会長、武藤副会長、森田業務理事の4名。補欠代議員は浅沼業務理事。

(2)代議員立候補者多数の場合の県内選挙方法の決定
・従来通り、県事務所への郵送による投票で検討。投票事務責任者は磯部業務理事に依頼。

(3)web会議ソフトの購入について
・次年度の事業計画でweb会議ソフトの購入を検討。資料を作成し決議事項に上程する。
資料作成は武藤副会長と浅沼業務理事に依頼済。

(4)県技師会年間事業名の変更と開催時期について (資料2)
・県技師会年間固定事業の総会、技術フォーラム、フレッシャーズ、三放技学会、骨関節、新春学術、の名称について開催時期を表す名称に変更し年間行事が会員にわかりやすくした。定例事業の名称は決議を行った結果、11名がセミナーで過半数を占めた。

【決議事項】

(1)令和2年度、新入会員の承認について (資料3)
・新入会1名について全会一致にて承認された。

(2)web会議Zoomソフト購入の是非について (資料4)
・1ライセンスを購入について決議を行った結果、賛成14名、保留1名の賛成多数にて承認された。

【その他】

・中日本地域会長会議報告

(1)石川県森下会長より
・第13回CCRTは2021年11月20、21日、石川県、金沢歌劇座にてwebと現地のハイブリット形式で開催予定。

(2)愛知県中村会長より
・第14回CCRTは2022年11月5、6日、ウインク愛知予約済、内容、開催形式は未定。

(3)JART中村業務執行理事より
・新たな業務拡大が実施される予定。
・第36回学術大会への参加の要請。
・JARTIS新システムで迷惑をかけている。
・JART事務所の引っ越しは2月22日。

(4)Brilliant7 中日本業務改善推進委員会 報告 山本地域理事より
・妊娠中の働き方事例集を作成した。

(5)各県報告
・各県とも下半期からwebを使って活動を開始している。東海四県学術大会は2021年度へ延期、北陸三県学術大会は2021年3月7日開催。主催の富山県は会場にて、石川と福井はweb参加。

(6)JART理事会報告
・県技師会役員にはJART理事会資料データを配信済。

(7) 新春学術講演会の開催について
・令和3年2月7日(日)午後web開催、共催富士フイルム富山化学。講演1は東京大学放射線科自衛隊中央病院、戌亥章平先生。講演2はDMAT事務局 次長、大阪医療センター、若井聡智先生の2講演を予定。

(8)JART理事会報告
・県技師会役員にはJART理事会資料データを配信済。

(9)県技師会ホームページへのお問い合わせについて
・業務理事会で回答内容を協議し回答した。

(10)令和3年度県技師会事業計画について
・新企画の提案がある場合、界外会長まで連絡。

(11)新事務所の机、椅子、備品、ネット環境についても揃えていく予定。
上記の如く、界外会長より報告があった。

日本診療放射線技師会教育委員:北岡参与

JART教育委員会報告

(1)令和3年度事業計画
・三重県の基礎講習は血管造影IVR。

(2)統一講習会について
・令和元年度の延期分に関しては開催する予定。
・次回行われる予定の法律改正、6月法案で業務拡大のCT、MRI、RIの静脈確保、RI抜針、IVRインジェクタ操作などに伴う講習会が必要になる予定。

(3)フレッシャーズセミナーについて
・来年度もweb等を駆使して開催してもらいたい。内容には医療安全、感染対策、マナー講習、入会案内、気管支解剖、を含めるよう要請あり。

以上をもって本日の議案全ての審議を終了し、20時40分に閉会した。

上記の通り、原本と相違ない事を証明する。

令和3年2月5日

一般社団法人三重県診療放射線技師会
会長     界外 忠之

【議事録】令和2年度 第1回 女性部会会議

令和2年度 第1回 三重県診療放射線技師会
女性部会会議議事録

日時 :令和3年2月19日(金) 19時00分~20時30分  Web(zoom)にて

出席者:【役員】界外 忠之、浅沼 源示、川野 聡子、落合 三奈恵、近藤 偲瑞子、森田 昌枝、武藤 裕衣、中西 幸子、林 奈緒子、井上 友美

  • 議事 

【報告事項】

  1. JART人材育成委員会 業務改善推進委員会について

女性活躍推進班より名称変更しました。Webにて5回会議を行いました。
2020年度 CCRT石川においてパネルディスカッションを予定していたが延期。
「妊娠中の働き方について(事例集)」を作成し、各県のHPに掲載しました。
どこの施設の事例か特定できないよう、県は掲載せず、年齢も~代としました。
現在、三重県技師会のHPにも事例集を掲載中です。
今後、各県で行われるイベントを共同利用します。
2021年度 CCRT石川にて第6回Brilliant7を開催します。
CCRTはWeb開催となるため、録画での配信となります。
テーマ「キャリアデザイン~技師としての目標ありますか?~」

2. 女性部会行事について

2020年度 フレッシャーズセミナー内でのランチョン
「アンガーマネージメント」 鈴鹿医療科学大学 武藤先生
講演会
「レジリエンス力(折れない心、しなやかな心)」 
鈴鹿医療科学大学 武藤先生
「指導法システムの確立」  伊勢赤十字病院 林技師

すべて中止となりました

【検討事項】

  1. 「妊娠中の働き方について(事例集)」閲覧期間について

他県では2か月ほどの掲載期間としています。
三重県も2か月ほどとして、3月末までとします。

2. 2021年度 女性部会行事について

界外会長より女性ならではの企画をお願いしたいとの要望ありました。
三重県女性部会としては、乳腺、妊娠、出産に関してではなく、女性技師が聴きたいと思う内容の勉強会をしていく方針で技師会に支援をお願いしました。(乳腺に関しては三重県乳腺勉強会があり、妊娠・出産に関しては今年度のアンケート及び事例集で一区切りとするため)
2020年度 中止となった2公演をWeb開催で実施する予定としました。
Web開催は、録画などを行われる可能性も考慮して講演を行わなければならない、また、録画を配信だと面白味が減るためリアルタイム配信の方が良いと思われます。
「アンガーマネージメント」鈴鹿医療科学大学 武藤先生 1時間 |「指導法システム確立」 伊勢赤十字病院 林技師 の講演については、録画される可能性も含め、勤務先に許可を得てから実施できるか判断します。

界外会長より今年度より技師会の勉強会を夏季セミナー、秋季セミナー、冬季セミナー、春季セミナーと名称を変更して行っていく予定です。予定では秋季セミナーを女性部会の勉強会に使わせていただくこととなりました。

  • 2021年度 予算に関して

今後、会議はzoomで行っていく予定ですので、交通費などはかからないです。
今年度は、ランチョンセミナーも行いませんので、経費かかりません。
来年度、5万円計上していただく予定です。

その他

技師会でzoom購入の予定です。
また、技師会事務所に会議室もあるので、今後Web勉強会などで使用することも可能です。

令和3年2月19日一般社団法人三重県診療放射線技師会 女性部会

会長 界外 忠之

【議事録】令和2年度第5回理事会

令和2年度第5回理事会議事録

1 開催日時  令和2年11月11日(水)19:00~20:00
2 開催場所  web Zoom
3 出席者氏名 【理事】界外 忠之、山田 剛、武藤 裕衣、浅沼 源示、森田 英稔、丹羽 正厳、磯部 好孝、小林 篤、難波 一能、刀根 淳也、白藤 裕敏、姫子松 博洋、三好 佳仁、福田 剛史、四竃 明日香

【監事】中西 左登志、牧 浩昭
【参与】北岡 ひとみ

4 進行等

定款第30条により会長が議長となり、19:00開会を宣言した。

理事会を構成する理事18名のうち10名及び監事2名の出席を得たので、適法に成立する旨を述べ、議事の審議に入った。(山田、小林、丹羽、福田、難波、途中参加により最終参加理事15名)

5 議事録作成 磯部 好孝

6 議事

【会長報告事項 (資料1)

(1)県技師会メール配信サービスvol6171号を配信した。

(2)会長・副会長会議をweb開催した。

・11月以降の技師会事業などを協議した。

(3)62回東海四県学術大会の延期を各県に伝えた。

・今年度は開催を断念し来年度に延期する。各県会長に連絡し承認を得た。

(4)三重県診療放射線技師会事務所を移転した。

・令和2年10月14日に新事務所を開所した。

(5)自民党総裁選における岸田文雄衆議院議員への心願成就祈念について

・畦元議員、日本診療放射線技師連盟からの依頼を受け伊勢神宮内宮にて界外会長と浅沼業務理事で心願成就祈念を行った。

(6)田村厚生労働大臣への就任お祝いについて

・松阪の田村事務所へ胡蝶蘭を届けた。費用は日本診療放射線技師連盟。

【決議事項】

(1)令和2年度、新入会員の承認について (資料2)

・新入会2名について全会一致にて承認された。

(2)62回東海四県学術大会延期の決議

・全会一致にて承認された。

【業務理事会検討済事項】

(1)70周年記念式典の準備について

・日時は令和3年11月7日(日)ホテルグリンパーク津で開催、70周年記念式典準備委員会で企画など準備を進める。

(2) 令和2年度、三重県診療放射線技師会の今後の事業方針について

・三重県放射線技師学術大会、レントゲン週間事業、女性部会活動、基礎講習会は中止が決定している。フレッシャーズセミナー、技術フォーラム、令和3年新春学術講演会はwebで開催する。
 新規事業の技師長会議も今年度は開催しない。統一講習会の地域開催は次年度に持ち越す。

【その他】

(1)36回日本診療放射線技師学術大会の開催について

・令和3年1月8日~31日web開催。

(2)JART理事会報告

・JART事務所移転、東京都港区 三田国際ビルへ移転。
・JART会長・副会長が47都道府県の会長や会員とwebで意見交換を行う予定。
・福井県の江端理事がJART事務局の専従理事に就任。

(3)界外会長が日本診療放射線技師連盟中日本地区統括理事への就任

(4)静岡医療科学専門大学校の実習受け入れについて協力願い

(5) 46回三重総合画像研究会の報告

・11月6日に開催された。web開催であったが参加者250名と過去最高の参加者であった。

(6)JARTから厚労省タスクシフト調査への協力願い

・先日メールで役員各位に依頼。

上記の如く、界外会長より報告があった。

【副会長・業務理事報告事項】

  • 学術担当:山田副会長 (資料3)

・技術フォーラムの開催について、日時令和2年12月12日(土) web開催、内容は大規模災害と新型コロナウイルス感染症の知識と対応についての2演題予定。

・令和3年新春学術講演会の開催について、web開催を予定。

(2)広報総括:武藤副会長

・令和2年11月1日フレッシャーズセミナーの開催をした。

(3)広報担当:浅沼業務理事

・会誌の発刊をした。

(4)学術担当:難波理事

・骨・関節を語る会、今年度は中止の予定。

(5)医療安全・危機管理担当理事:姫子松理事

・年間テーマの医療安全・危機管理対策事業はZoomでの企画を検討。技術フォーラムで災害について企画、新春学術講演会は学術担当の山田副会長と相談し企画を検討。

(6)被ばく低減施設認定促進理事:三好理事

・被ばく低減施設の訪問調査ができないのでアンケート調査による現状把握。
・研修会等はZoomで検討。

(7)日本診療放射線技師会教育委員:北岡参与

・来年度基礎技術講習会については今年度本県で中止になった「血管撮影IVR」を開催希望する予定。
・来年度もフレッシャーズセミナーは開催する。時期を早めweb開催も検討。
・統一講習会は令和元年度延期分に関して来年度開催を予定。方法は今後検討していく。
以上を令和2年11月17日に第1回中日本地域教育委員会で報告。

以上をもって本日の議案全ての審議を終了し、20時に閉会した。

上記の通り、原本と相違ない事を証明する。

令和2年12月1日

一般社団法人三重県診療放射線技師会
会長     界外  忠之