2020年度機器故障・事故調査アンケートの協力依頼

2020年度機器故障・事故調査アンケートの協力依頼

(一社)三重県診療放射線技師会
会長 界外 忠之

JARTの機器管理分科会より
2020年度機器故障・事故調査アンケートの協力依頼が届きましたので
何卒ご協力いただけますようお願いいたします。

以下 依頼文

2020年度放射線関連機器故障・事故調査のお願い

公益社団法人 日本診療放射線技師会
会長              上田 克彦
放射線機器管理士分科会 中村 泰彦

 日本診療放射線技師会では2013年より各施設における放射線関連機器の故障・事故調査を行い、今年で9年目を迎えます。今年度からすべての施設の方にご回答していただくためにHPからダウンロードして回答いただけるようにいたしました。

 昨今、アンケート調査が非常に多くなっており恐縮ではございますが、この調査は、データの蓄積ならびに分析が放射線診療の安全性向上と診療報酬改定に向けての貴重な資料となり、医療機器の安全管理のエビデンスとして極めて重要なものであります。多くの施設がご回答いただくことで信頼性も向上し、データとしても価値も高まりますので、是非本調査に参加いただけますよう、お願い申し上げます。

  • 調査方法

2020年4月1日~2021年3月31日までの放射線関連機器の故障・事故について行います。
この調査は電子媒体(Excel)を使用しての回答をお願いする形で実施します。

  • 回答期間

2021年5月1日(土)~2021年5月31日(月)

  • 回答方法

(1)HPより調査票(Excelファイル)をダウンロードし、モダリティ毎に記入をお願いします。

(2)回答いただくファイル

①ファイル調査票(Excelファイル)ファイル名は「〇〇県〇〇〇病院」としてください。

②協力者一覧(Excelファイル)ファイル名は「〇〇県〇〇〇病院協力者一覧」として

ご協力いただいた全員の会員番号、氏名を記入してください)

(3)回答(メール)先

kikichosa@jart.or.jp

2021年5月31日(月)までに送信ください。

  • 生涯学習カウント付与について

本調査は1施設1回答となりますが、ご協力いただきました全会員に社会活動カウント10カウントが付与されます。また、放射線機器管理士の更新時に認定カウントとして10カウント/年が認められます。返信メールに施設内協力者の会員番号と氏名を明記してください。

  • 調査情報の取扱いについて

本調査により得られた情報については、個人を特定する内容での公表はいたしません。調査の回答は集計処理を行い、結果を日本診療放射線技師会誌に掲載いたします。

以上

問合せ先 放射線機器管理士分科会
委員長 中村 泰彦

nakamura.yasuhiko@jart.or.jp

JART HPのリンクを下記に掲載します。

放射線関連機器故障・事故調査記入フォーム
Excelファイルのダウンロードが始まります。

2020年度「放射線関連機器故障・事故調査」報告者・協力者 会員番号・氏名記載リスト
Excelファイルのダウンロードが始まります。

SCMR Japan WG Seminarの開催延期のお知らせ

SCMR Japan WG Seminarの開催延期のお知らせ

関係者各位

時下、皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。また平素は当セミナーに対しまして、格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、2021年7月17日(土)に開催を予定しておりましたSCMR Japan WG Seminar2020ですが、新型コロナウイルスの感染拡大が依然全国的に続いており、6都府県には5月31日まで緊急事態宣言が発令され、三重県もまん延防止等重点措置の実施区域となっており、7月の会場開催はハイブリッド開催も含めて困難な状況です。一方、秋以降に一般へのワクチン接種が進めば状況が改善する可能性もあることから、開催を「延期」することが最善と判断致しました。関係者の皆様の皆様におかれましては大変申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

尚、延期後の開催時期については11月以降の今年度内を目途に、また場所については、ホテルグリーンパーク津(三重県津市)を予定しております。

詳細につきましては、随時、ご担当者様にご報告いたしますとともにSCMR Japan working Group ホームへージ(http://scmr.jp/)にて公表して参ります。
度々の延期となり、ご迷惑をお掛けしますことを心よりお詫び申し上げます。

NPO法人心臓MRハンズオン
代表:佐久間 肇

SCMR Japan WG Seminar事務局
NPO法人心臓MRハンズオン
担当:石田、潤田
〒514-8507三重県津市江戸橋2-174
TEL : 059-231-5029  FAX : 059-232-8066

放射線治療装置等から出力される線量の再確認について

放射線治療装置等から出力される線量の再確認について

(一社)三重県診療放射線技師会
会長 界外 忠之

JARTより治療施設の過誤照射についての情報提供が届きましたので会員に周知します。

ご存じの方もおられるかもしれませんが、国内の放射線治療施設におきまして、過誤照射が起きた件に関しまして当該病院より公表されました。

 ただ、現段階では関係団体が調査を開始した段階であり、原因は明確になっておりません。各施設におかれましては、ご施設の治療装置の出力線量を今一度ご確認をお願いいたします。

 今後は、日本放射線腫瘍学会、放射線治療品質管理機構等の関連団体と情報を共有して、明確となった情報を都道府県技師会を通じて共有してまいります。各ご施設の治療患者さんへの配慮と当該施設へのご配慮のほど、何卒よろしくお願いいたします。

 また、日本放射線腫瘍学会から発信されております、「放射線治療装置等から出力される線量再確認についての通知(添付) 」 もご確認頂きますようお願いいたします。

日本診療放射線技師会 医療安全対策委員会・放射線治療分科会

JASTRO医療安全放射線治療装置等から出力される線量について再確認のお願い配布用_JASTROgram.pdf

Mie Association of Radiological Technologists