[議事録] 平成28年度 第1回 業務理事会 議事録

平成28年度 第1回 業務理事会 議事録

1 開催日時  平成29年4月11日(火)19:50~21:00

2開催場所  三重大学医学部附属病院外来棟4階 会議室B
(津市江戸橋2-174)

3 出席者氏名 山田 隆憲、中西 左登志、界外 忠之、山田 剛、
浅沼 源示、石河 真人、村上 謙二、荻野 豊、牧 浩昭

4 進行等

定款第30条により会長が議長となり、午後7時50分開会を宣言した。

業務理事会を構成する理事7名全員及び監事2名の出席を得たので、適法に成立する旨を述べ、議事録の作成に係る職務を行う者として村上理事を指名し、議事の審議に入った。

  • 議事

【検討事項】

(1)第67回定期総会について

山田会長から、平成29年5月27日(土)に三重大学において開催する創立65周年記念式典及び第67回総会について、別紙プログラム(案)により式次第、議事の内容、役割分担等について報告及び提案があった。

  • 式典の「開会の辞」は中西副会長、「閉会の辞」は界外副会長が担当する。
  • 総会の第9回CCRT演題発表における学術奨励賞(日放技会長より)の発表及び28年

度勤続表彰者の披露は中西副会長が担当する。

  • 総会の議長は、伊勢赤十字病院の釜谷さんにお願いすることとした。
  • 総会の資格審査報告及び会場整理係は次回理事会で決定することとした。
  • 総会議事の「その他」事項は、執行部側からの提案はなし。
  • 総会の「閉会の辞」は界外副会長が担当する。

〇 式典次第の「来賓紹介」について、今回、来賓は三重県庁健康福祉部からの1名のみであるため、表彰式の前に「来賓祝辞」を頂けば、来賓紹介と兼ねることができるのではないかとの意見があり、「来賓紹介」を無くし、「会長挨拶」の次に「来賓祝辞」を頂くことに変更した。

(2)講師料等支払規程(仮称)の決定について

中西副会長から、本会が主催する研修、セミナー等の講師料を会として明確に定めていなかった。
別紙のとおり他県の例と日放技の規程を取り寄せたので、参考にして早急に本会の規程を策定してほしいとの要望が出された。
これを受けて石河業務理事から資料を参考にして本会の規程(案)を早急に作成し、次回理事会に諮りたいとの発言があった。

(3)その他   特になし。

【報告事項】

(1)JART第1回医用画像情報精度管理セミナーについて

山田会長から、日放技からの依頼があり、別紙のとおり第1回の医用画像情報精度管理セミナーが平成29年6月24日(土)に鈴鹿医療科学大学千代崎キャンパスにおいて開催されることになったとの報告があった。

(2)その他   特になし。

以上をもって本日の議案全部の審議を終了し、午後9時閉会した。

以上の内容は本文と相違ないことを証明する。

平成29年4月11日

一般社団法人 三重県診療放射線技師会

会長 山田 隆憲

[議事録] 平成28年度 第1回 女性部会

平成28年度 第1回 女性部会 議事録 

平成29年1月26日 19時30分から
三重大学医学部附属病院 中放スタッフ控え室にて

出席者

山田隆憲、浅沼源示、川野聡子、落合三奈恵、近藤偲瑞子、森田昌枝、武藤裕衣、井上友美中西幸子、村田茂代、池田華奈子

1. 28年度事業報告

第9回CCRT女性サミット及び中部女性活躍推進会議の報告

中日本地域7県のパネリストの先生方に妊娠中の業務内容、そのガイドライン作成に向けてディスカッションが行われた。

来年のCCRTは岐阜県で開催される。中日本の女性部会の代表は東海(愛知・岐阜・三重・静岡)の吉川典子先生に引き続きお願いし、副代表は北陸(石川・富山・福井)から選出する予定。今後も、東海・北陸で代表・副代表を分散する。

愛知や岐阜では女性部会の活動がされているが、三重も活動を行っていくようにと助言をいただいた。

2. 29年度事業計画

  • 三重県下の女性技師の実情の把握

岐阜県のアンケートをベースにして三重県でも実施

川野先生より、三重県では岐阜県のアンケートをベースに、妊娠についてのアンケート調査を実施することが提案され承認された。また、武藤先生より、29年度に実施する「ライフイベントとキャリア・アンカーに着目した診療放射線技師のキャリア支援についてのアンケート調査」について、三重県診療放射線技師会および女性部会への協力が要請され、意見交換の結果、協力が承認された。理事会承認後、実施される。

女性部会アンケートについて、全員対象の項目と男性を対象とした項目、女性を対象とした項目に分けそれぞれを集計する。

アンケートの集計は、武藤先生が担当する。

アンケートの作成について、女性部会では、男女別の項目を作成することとなった。男女別の項目はたたき台となるものを作成し、メールで共有し検討する。

アンケートの配布方法は原則として、施設ごとに送付する。方法として、メーカーにお願いする、または、間に合えば総会の資料発送(5月22日まで)に同封してもらうなどの意見があった。

回答は個人でしてもらう。回収方法は、封をして施設ごとにまとめて返信してもらう、後納郵便の封筒を用意しそれぞれに投函してもらう、という意見があがった。

切手を貼った返信用封筒を同封して送るという意見もあったが、返信してもらえなかった場合、切手代が無駄になるので郵便なら後納にしたほうがよいのではとの意見が上がったが、今後継続検討する。

この他、アンケート調査実施に関して、

“技師会の会員・非会員にかかわらずアンケートをおこなう。”

“Googleスプレッドシートでアンケートを作成してメールで回収する”という意見もあったが、回収率が低くなる可能性が高いということで紙運用にて実施することとなった。

  • 三重県技師会HPの女性部会の小部屋について(案)

・当アンケートにご協力をお願いする旨を掲載する。

・アンケートの結果をホームページで報告する。

  • フレッシャーズセミナー(7月22日)の内容について

新人の人数が限られているので隔年で開催していたが、本部より毎年開催するよう指示があり今後は毎年行っていく。

女性部会の活動として、フレッシャーズセミナーでランチョンセミナーを開催してはどうか。内容として新人が知っておいた方が良い法律関係について社会労務士の先生にお話していただく。当直業務と勤務の違い、育休・産休の期間、妊娠中に申請できる休暇など、女性部で項目を検討しお伝えする。

三重県技師会にお弁当(¥1000/人)の予算をお願いした。

対象者は1〜2年目の技師及びその上司とする。グループワーキングを考慮してペアでの参加を呼びかける予定であったが、ランチョンセミナーであるため必ずしもペア参加に限らず。(参加者の増加を見込みたいので上司にも参加を呼びかける。)

フレッシャーズセミナーの開催目的のひとつに技師会の入会勧誘も含まれるため、非会員の参加も歓迎する。技師会に入会すれば医療事故のための保険に加入できることなどを周知させる。

  • 今後の行事や活動について

平成29年度の活動は、フレッシャーズセミナーでのランチョンセミナーとアンケート調査を実施する。

ランチョンセミナーについては理事会での承認済み。

これらを含め、4月の理事会で諮っていただく。理事会での承認が得られれば、5月〜6月の間にアンケートを発送したい。それまでにアンケートの内容をメールで共有し検討する。発送の時期は、武藤先生のご負担にならないように時期を選んでもらう。

来年度以降も継続してフレッシャーズセミナーの1枠を女性部会で担当するなら、来年度はメンタルケアについての講演が候補。

3. その他

 

 ・乳房撮影の認定講習会について

これまで三重乳がん検診ネットワークと精中委の共催で行ってきた認定講習会を、技師会を母体にして開催したい。認定講習会は知識や技術の維持のため、2~3年に一度は開催を希望。新規だけでなく更新も受講可能の要望あり。三重乳腺勉強会の世話人に協力依頼し、技師会の負担を最小限に移行していきたい。予算不要で、開催可能。この件を4月の理事会で諮っていただく。

 

 ・女性部会の役員を検討

会議の出席や活動の継続が困難になった場合、本人の意思を確認し、交代を検討する。

以上を持って議事録とする。

平成29年1月26日

一般社団法人 三重県診療放射線技師会

会長 山田 隆憲

 

[議事録] 平成28年度 第3回理事会議事録

平成28年度 第3回理事会議事録

    1. 開催日時 平成28年12月6日(火)
      19:30~21:35
    2. 開催場所 三重大学医学部附属病院 4階 会議室B
      (津市江戸橋2-174)
    3. 出席者氏名
      【役員】山田 隆憲、中西 左登志、界外 忠之、
      山田 剛、浅沼 源示、石河 真人、村上 謙二、
      北林 厚生、大川 和穂、白藤 裕敏、森田 英稔、
      坪井 茂樹、川野 聡子、武藤 裕衣、丹羽 正巌、
      難波 一能、荻野 豊、牧 浩昭
      【参与】北岡 ひとみ
    4. 進行等

定款第30条により会長が議長となり、午後7時30分開会を宣言した。

理事会を構成する理事17名のうち16名及び監事2名の出席を得たので、適法に成立する旨を述べ、議事録の作成に係る職務を行う者として村上理事を指名し、議事の審議に入った。

5.議事

【報告事項】

  • 第9回中部放射線医療技術学術大会中日本地域技師会会長会議について

山田会長から、11月5日(土)に鈴鹿医療科学大学において開催された中日本地域会長会議の概要
ついて、別紙により報告があった。

. 転居会員の会費の取扱いについて
(白藤理事から)
自院でも大阪府から異動してきた職員があり、日放技には早くから連絡していたが、手続きが遅れて府県技師会費の差額の問題が発生した。

(界外副会長から)
中部地区の理事会での合意事項では、「異動前の県で納入していれば、県技師会間の会費の差額の有無に関わらず、異動後の県では納入済みの扱いとする」ことになっている。

  • 第9回中部放射線医療技術学術大会中日本地域技師会教育委員会議について

北岡参与から、11月5日(土)に鈴鹿医療科学大学において開催された中日本地域教育担当者会議の概要について、別紙により報告があった。

  • 学術大会、講習会、研究会等の準備進捗状況について
  • 新春学術講演会

開催日時:平成29年1月7日(土)12:50~三重大学医学部臨床講義棟において開催の予定

  • 第58回東海四県診療放射線技師学術大会

開催日時:平成29年2月5日(日)鈴鹿医療科学大学で開催の予定

  • 統一講習会

開催日時:平成29年2月25日(土)・26日(日)鈴鹿医療科学大学で開催の予定

  • 放射線技術フォーラム

開催日時:平成29年3月4日(土)三重大学医学部で開催の予定

「骨・関節単純X線撮影を熱く語る集い」も併せて開催の予定

  • その他
    • 界外副会長から

・第9回CCRTも無事終了した。
・参加者の内訳は別紙のとおりで、多数参加いただいた。
・最終報告を兼ねた反省会を開催したい。
・日程は、恒例の新春学術講演会の前でどうか。・・・一同異議なし。
・平成29年1月7日(土)11:50~若葉セミナーの弁当で昼食を摂りながら実施

参加者は、若葉セミナーへの登録もよろしく。

  • 森田理事から

放射線技術フォーラムの日(3月4日)に親睦ボーリング大会を予定

  • 石河業務理事から

CCRT反省会の際にCCRT関連の旅費の差額をお渡しする予定

【検討事項】

  • 平成29年度統一講習会について

山田会長から平成29年度の統一講習会の開催日程について提案があり
1回目:平成29年10月14日(土)・15日(日)
2回目:平成30年2月24日(土)・25日(日)

に鈴鹿医療科学大学で開催する予定となった。

  • 平成29年度基礎技術講習会[一般撮影]について

山田会長から平成29年度の基礎技術講習会の開催日程について提案があり

平成29年7月23日(日)に鈴鹿医療科学大学で開催する予定となった。

  • 平成29年度フレッシャーズセミナーについて

山田会長から平成29年度のフレッシャーズセミナーの開催日程について提案があり

平成29年7月22日(土)に鈴鹿医療科学大学で開催する予定となった。

  • 日放技から平成29年度からは、少人数でも毎年開催してほしいとの要望がある。
  • 新人と上司のペアで参加している県もあるとのことで、三重県も採り入れたい。

(川野理事から)

  • 第9回CCRTの時に中部7県の女性部会の活動状況をお聞きしたところ、各県とも何かしら

の事業を実施しているとのことであったので、三重県としても何かしらの取組が必要と考えている。

  • 来年1月26日に女性部会で集まる予定をしているが、フレッシャーズセミナーの中で女性部

会の活動を一コマ入れてもらえないかと考えている。
内容はランチョンセミナーで、30分ぐらいの講演とディスカッションを考えているので、技師会の予算をいただきたい。

(石河業務理事から)

  • どの程度の予算が必要か教えてほしい。予想されるのは、講師料と弁当代ぐらいか?

(荻野監事から)

  • ランチョンの協賛メーカーはあるのか?新規は難しいのではないか。

(牧監事から)

  • できるなら技師会予算でやる方がよい。

(山田会長から)

  • 29年度からフレッシャーズセミナーの講師体制を一新したい。
  • 山田会長、大西元副会長が退き、新しい講師は学術担当、女性部会などから選任してもらいた

い。

〇 新たな講師の選任は、学術担当理事と教育委員に一任することで承認された。

(中西副会長から)

  • 毎年、福井県と京都府の技師会から鈴鹿医療科学大学に鈴鹿医療の卒業生でこの2府県に就職

した卒業生の問い合わせがきて、回答しているが、三重県でも同じような調査をやってみてはどうか。
新人の発掘につながるかもしれない。

  • 会費免除について

石河業務理事から会費免除の申し出のあった2名について、本会の規程に基づき免除の適用をしたい旨の提案があり、一同異議なく承認された。

  • その他
  • 三重県診療放射線技師会創立65周年記念式典について

石河業務理事から、本会創立65周年記念の表彰式等は、29年の総会時に兼ねて開催する方向でよかったかとの確認があり、一同異議なく承認された。

(石河業務理事から)

総会の日程を早急に決定して、表彰審査委員会においては知事表彰等候補者を選任する必要がある。
総会の日程については、会場の都合もあるが、とりあえず平成29年5月27日(土)三重大学において開催の予定ですすめることとなった。

  • 放射線技術学会中部部会セミナーについて

中西副会長から平成29年1月28日(土)に名古屋大学大幸キャンパスにおいて、三重県担当で中部部会セミナーが開催されるので、多数参加をお願いしたいとの発言があった。
詳細は追ってメールにて案内があるとのこと。

  • 平成29年秋の叙勲候補者の推薦及び日本診療放射線技師会創立70周年記念厚生労働大臣表彰候補者の推薦について

村上業務理事から、平成29年秋の叙勲候補者について、前回に引き続き本会前監事 葛原三千克氏 を推薦、日本技師会創立70周年記念厚生労働大臣表彰候補者に本会 山田隆憲会長 を推薦した旨の報告があった。

以上をもって本日の議案全部の審議を終了し、午後9時35分閉会した。

以上の内容は本文と相違ないことを証明する。

平成28年12月6日

一般社団法人 三重県診療放射線技師会

会 長    山田 隆憲

[議事録] 平成28年度 第2回理事会

平成28年度 第2回理事会議事録

  1. 開催日時  平成28年6月20日(月)19:30~21:00
  2. 開催場所  三重大学医学部附属病院 4階 会議室B(津市江戸橋2-174)
  3. 出席者氏名 【役員】山田 隆憲、中西 左登志、界外 忠之、浅沼 源示、石河 真人、村上 謙二、北林 厚生、森田 英稔、坪井 茂樹、川野 聡子、武藤 裕衣、丹羽 正巌、荻野 豊、牧 浩昭
  4. 進行等

定款第30条により会長が議長となり、午後7時30分開会を宣言した。
理事会を構成する理事17名のうち12名及び監事2名の出席を得たので、適法に成立する旨を述べ、議事録の作成に係る職務を行う者として村上理事を指名し、議事の審議に入った。

  1. 議事
  • 山田会長から、別紙「平成28・29年度役員組織図」、「医療圏域別担当(理事・参与)」により、役員・参与の業務分担及び担当地区の確認を行った。
  • 新たに就任した理事(坪井理事・川野理事)から自己紹介があった。
  • 議事録の作成について、村上業務理事の負担軽減のため、今年度から庶務担当理事4名が順番で担当することとなった。

【検討・承認事項】

  • 「表彰及び叙勲等推薦規程」の制定及び「旅費規程」の一部改正について
    石河業務理事から、先にメールにて提案のあった「表彰及び叙勲等推薦規程」の制定及び「旅費規程」の一部改正について概要の説明があり、意見等を求めたところ、全員異議なく承認された。
  • 賛助会員会費の再検討について
    浅沼業務理事から、「日本メジフィジックス」から賛助会費の請求額(75,000円)が高額すぎるのではないかとの申し出があった旨の報告があり、対応を検討した結果、再度牧監事から説明をしていただき、それでも納得が得られない場合は、会費依頼口数を減らすことも検討することとなった。
  • 第32回日本診療放射線技師学術大会(岐阜県)への労務支援について
    山田会長から、本年9月に岐阜県で開催される全国大会について、岐阜県安田会長から9/15~9/18の4日間に1日当たり8人の応援要請が来ているので、対応可能な方は当会事務局村田さんまで日程等を報告願いたいとの説明があった。
  • 新入会員の承認について
    山田会長から、別紙名簿により新入会員の報告があり、本会定款第6条に基づき入会の承認を求めたところ、全員異議なく承認された。
  • 乳腺基礎講習の講師謝金について
    川野理事から、乳腺基礎講習会の講師謝金について、日本診療放射線技師会から日放技の規定により三重県健康管理事業センターの中井先生は20,000円、三重大学の野呂先生は10,000円と言われているが、野呂先生の金額はあまりに少額で失礼なので、県技師会会計から補填していただく方法はないかとの提案があった。
    種々検討した結果、県技師会の予算に計上されていないなどの問題点があり、無理との判断となったので、再度川野理事から近県の状況等を確認することとなった。

【報告事項】

  • 日本診療放射線技師会代議員研修会について
    山田会長から、6月10日(金)にKPP八重洲ビル(東京都中央区京橋)において開催された研修会の概要について、別紙により報告があった。
  • 第77回日本診療放射線技師会定期総会について
    中西副会長から、6月11日(土)に日経ホール(東京都千代田区大手町)において開催された定期総会の概要について、資料により報告があった。
    併せて、総会議長を本会界外副会長が務め、スムーズな議事進行が行われたとの報告があった。
  • その他
    村上業務理事から、平成29年春の叙勲候補者について、前回に引き続き本会前監事 葛原三千克氏 を推薦した旨の報告があった。

 

以上をもって本日の議案全部の審議を終了し、午後9時00分閉会した。

 

以上の通り原本と相違ないことを証明する。

 

平成28年6月20日

一般社団法人三重県診療放射線技師会

会長    山田 隆憲

[議事録] 平成28年度 第1回理事会(総会時)

平成28年度 第1回(総会時)理事会議事録

  1. 開催日時 平成28年5月28日(土) 14:05~14:20
  2. 開催場所 三重大学医学部 臨床講義棟第3講義室(津市江戸橋2-174)
  3. 出席者氏名 【理 事】 山田 隆憲、中西 左登志、界外 忠之、浅沼 源示、石河 真人、村上 謙二、北林 厚生、大川 和穂、白藤 裕敏、森田 英稔、坪井 茂樹、川野 聡子、丹羽 正巌、難波 一能

【監 事】 荻野 豊、牧 浩昭

  1. 進行等
    界外理事から、理事会は定款第30条により会長が議長を務めるものと定めているが、会長が決まるまで議長を務める旨の発言があり、一同異議がなかったため14時05分開会を宣言した。
    理事会を構成する理事17名のうち14名の出席を得たので、適法に成立する旨を述べ、議事録の作成に係る職務を行う者として村上理事を指名し、議事の審議に入った。
  2. 議事

【決議事項】

  • 会長の選出について
    界外理事から、会長立候補者に挙手を求めたところ、山田 隆憲理事から立候補があり、他に立候補がなかったため一同に諮ったところ全員異議なく、山田 隆憲理事が新会長に選出された。
    以後の議事について、山田新会長が議長となり議事を進行した。
  • 副会長及び業務理事の選出について
    山田会長から、副会長及び業務理事の選出については、従来どおり会長による指名で行いたい旨の発言があり、一同に諮ったところ全員異議なく承認された。
    山田会長の指名により以下のとおり決定した。

副会長  : 中西 左登志、界外 忠之

業務理事 : 山田 剛、浅沼 源示、石河 真人、村上 謙二

  • 外部監事の選出について
    山田会長から、本会の運営にあたっては客観的な立場から会計を監査いただける会員以外の監事が必要であり、引き続き山中会計士様に監事をお願いしたいとの発言があり、一同に諮ったところ全員異議なく承認された。

以上をもって本日の議案全部の審議を終了し、14時20分閉会した。
上記の通り、原本と相違ない事を証明する。

平成28年5月28日

一般社団法人三重県診療放射線技師会

会 長 山田 隆憲