[議事録] 平成29年度第1回理事会

平成29年度 第1回理事会議事録

  1. 開催日時  平成29年6月15日(木)19:30~20:45
  2. 開催場所  三重大学医学部附属病院外来棟4階 会議室B
    (津市江戸橋2-174)
  3. 出席者氏名 【役員】山田 隆憲、中西 左登志、界外 忠之、 浅沼 源示、石河 真人、山田 剛、大川 和穂、森田 英稔、坪井 茂樹、川野 聡子、丹羽 正巌、荻野 豊、牧 浩昭

【参与】北岡 ひとみ

  1. 進行等

定款第30条により会長が議長となり、午後7時30分開会を宣言した。
理事会を構成する理事17名のうち11名及び監事2名の出席を得たので、適法に成立する旨を述べ、議事録の作成に係る職務を行う者として川野理事を指名し、議事の審議に入った。

  1. 議事

【検討事項】

  • 第4回三重県診療放射線技師学術大会の件

山田業務理事から、第4回三重県診療放射線技師学術大会の件について学術・教育担当理事で検討した内容について報告並びに提案があった。

(山田業務理事)

前回の総会前の理事召集の際に、山田会長より今年度に開催予定であった「第4回三重県診療放射線技師学術大会」は延期する方向で、との打診があった。それを踏まえ学術担当理事で検討してみた。今年度は過去の第1回から第3回を振り返ってみて今後の方向性を探っていきたい。過去の大会の中でも発表者によっては、学会発表前の登竜門のように考えている方も居れば最終的に論文という形で残していきたいと考えている人も居る。とらえ方は発表者が千差万別で次回までにはアンケートを取るなりして、各人の方向性を調査してみたい。論文化を考えている人に対しては指導していくことも視野に入れ調査していきたい。

また、演題が出てこないというのも事実であり、三重県診療放射線技師学術大会を1日での大会ではなく、技術フォーラム等と合わせて半日・半日という形式をとるのも1つの方法ではないか?と思われる。また、技師会の中にある分科会からの研究発表の場を作る、というのも方法ではないであろうか?実行委員長に関しても第3回までは界外副会長にお願いしてきたが、次回からは理事の中から実行委員長をしていただくことが出来るのか、もしくは外部に委託するのかは検討中である。外部への委託の場合には公募も含め検討しなくてはならない。
最終的には三役に決めて頂きたい。

(山田会長)

せっかく3回まで続けてきたのだから今後も続けて欲しい。
学術の中で今後の方向性をアンケートなどで調査して頂き、繋げていって欲しい。

(界外副会長)

学術担当の方は年間にたくさんの行事を持っているから、理事の中から次の実行委員長が出てもらえると思っていたが…学術担当の方々でこの1年をかけて色んなことを考えて頂く、というのも1つの方法だと思う。出来れば理事の中から実行委員長を引き受けて頂きたいが、外部に委託するのも1つの手だと思う。決して学術任せにするつもりはない。

(山田会長)

この件に関しては引き続きの検討事項としていく。

【報告事項】

  • JART 定時総会報告

中西副会長より「第78回公益社団法人日本放射線技師会定時総会報告」が行われた。

期日:平成29年6月3日(土) 午前11時~午後3時

会場:日経ホール(東京都千代田区)

三重県代表:中西 左登志、山田 隆憲、丹羽 正巌

内容に関しては別紙参照

  • 第1種放射線取扱主任者試験 受験対策講座

中西副会長よりこの講座は学生受講者59名を対象とし、平成29年6月4日(日)より開講し、平成29年7月16日(日)に終了予定である。

  • 公益法人に関する監査について

荻野監事より山田会長・界外副会長・中西副会長・石河業務理事・牧監事・荻野監事により監査を行った、との報告があった。

  • その他

山田会長より日放技70周年式典において山田会長が「厚生労働大臣賞」を授与されたとの報告があった。

【承認事項】

  • 第1種放射線取扱主任者試験 受験対策講座

中西副会長より、標記講座「物理学」担当講師を 山下英二氏に依頼した。ただし山下氏は診療放射線技師の資格を有せず、本会の「講師料等支払規定」第2条第1号の内部講師に該当しないが、理事会の承認により内部講師に相当する金額を支給するものとする。

1単位8千円で3単位ですが、税金の関係で実際に渡す金額が細かく、端数が出るために調整する

全員一致で承認される。

  • 新人会員・転入会員の承諾(平成28年度後半、平成29年度6月15日現在)

平成28年度新入会 12名(前半に9名の新入会者あり既に承認済み よって28年度は21名の    新入会者)
平成29年度新入会 6名
平成28年度転入  5名
平成29年度転入  4名

全員一致で承認される。

【その他】

  • 女性部会の会議について

川野理事より女性部会の会議時間についての質問があった。

近いうちに女性部会の会議を行うつもりであるが、役員の日程を調整したところ「平日の昼間に会議を行うことを検討して頂けないだろうか?」との声があった。他の人の意見をみると、金曜日にならほとんど参加できそうなので金曜日に行うつもりではいるが、今後、このような意見を持つ方が理事などになられることも考えられるので、どのように対応すれば良いのか?

(山田会長)

技師会活動はボランティア要素があり、自分の時間を割いて参加して頂かなければならない。

主婦などが役員をしている女性部会は時間的に大変なこともあるだろうが、ほとんどがメール会議の方式をとっており、実際に会議を行うのは年に1回から2回程度である。
業務がもちろん優先であるので、それ以外の人がなるべく集まりやすい日時を見計らって会議を開催して欲しい。

  • 教育委員より

北岡参与から三重県で開催予定の講習会及びセミナーの参加申し込み状況についての報告があった。

平成29年6月24日 医療画像情報精度管理セミナー 16名

平成29年7月22日 フレッシャーズセミナー 13名(新人9名 上司4名)

平成29年7月23日 基礎講習会(一般撮影) 37名(他県が多い)

平成29年10月14・15日 統一講習会     2名(但し1名は12月と重複)

平成29年12月2・3日  統一講習会     1名

平成30年2月24・25日  統一講習会         0名

  • Ai学会について

山田業務理事より平成29年8月28日に開催されるAi学会の懇親会の参加要請があった。

今回、三重県の放射線技師会員については学会の参加費は無料となるが、懇親会の参加もお願いしたい。これに関しては事前登録は3,000円、当日4,000円となる。各施設で参加の呼びかけをお願いします。

  • 郵便物について

事務局より現在、三重県技師会から発送している郵便物(講習会の案内・セミナーの案内等)は各施設長宛に郵送しているが、2施設より施設長ではなく所属長宛にして欲しいとの要望有。今後は三重県内の各施設に対し事務局(村田さん)が調査し、確認の上「郵便物の宛名・メールアドレス・ 連絡先・FAX・代表者等」をまとめる。また、メーリングリストの作成も考慮する
以上をもって本日の議案全部の審議を終了し、午後8時45分閉会した。

以上、原本と相違ないことを証明する。
平成29年7月7日

一般社団法人三重県診療放射線技師会

会長     山田 隆憲

[議事録] 第67回定期総会議事録

第67回一般社団法人三重県診療放射線技師会定期総会議事録

1 招集年月日   平成29年4月28日

2 開催日時及び場所
(1)開催日時  平成29年5月27日(土)13時45分から14時20分まで
(2)開催場所  三重大学医学部臨床講義棟 第2講義室  津市江戸橋2-174

3 会員総数  485人

4  出席会員数 328人  内訳 本人出席 64人    委任状出席 264人

5 総会に出席した役員等の氏名
(1)出席理事  山田 隆憲、中西 左登志、界外 忠之、山田 剛、浅沼 源示、石河真人、村上 謙二、北林 厚生、大川 和穂、白藤 裕敏、森田 英念、川野 聡子、丹羽 正巌
(2)出席監事  荻野 豊、牧 浩昭

6 総会の議長の氏名 釜谷 明

7 議事録の作成に係る職務を行った理事の氏名 村上 謙二

8 開会の辞
開会に先立ち、本年お亡くなりになられた会員、中村 實様、市川 孝至様のご冥福をお祈りして黙祷。
13時45分、中西副会長が、第67回一般社団法人三重県診療放射線技師会総会の開会を宣言した。

9 会長挨拶
山田会長の挨拶があった。

10 表彰受賞者紹介
中西副会長から勤続30年表彰受賞者 松岡 克己さん、落合 哲也さん、浅沼 源示さん、界外 忠之さん、片山 敏和さん、坪井 茂樹さんの紹介があった。
引き続き、中西副会長から第9回中部放射線医療技術学術大会学術奨励賞を受賞された飯田 真由美さんの紹介があり、山田会長から日本診療放射線技師会長からの表彰状と記念品が贈呈された。

11 議長選出
議長の選出を諮ったところ執行部一任の声を得たので、執行部案として、釜谷 明さんが選出された。

12 議長登壇
続いて議長より挨拶の後、

13 資格審査
会員総数485名、出席会員数328名(内訳)本人出席64名、委任状出席264名、13時45分現在の委任状を含む出席者数が328名であり、定款第17条により本総会の成立を宣言した。
続いて、会場整理係に、済生会松阪総合病院の森田理事、議事録署名2名に、村上業務理事及び川野理事を指名し、議案の審議に入った。

14 議事の報告結果及び議案別決議の経過
【報告事項】
報告1号 平成28年度事業経過・庶務・監査報告について
山田会長より平成28年度事業経過報告書の内容につき報告があった。
村上業務理事より平成28年度庶務報告書の内容につき報告があった。
牧監事より外部監事による監査報告書並びに平成28年度監査報告書の内容につき報告があった。
議長より会場に意見を諮ったところ意見はなかった。

報告2号 平成29年度事業計画・予算について
山田会長より平成29年度事業計画書の内容につき報告があった。
石河業務理事より平成29年度予算書の内容につき報告があった。
議長より会場に意見を諮ったところ意見はなかった。

以上をもって報告事項の終了を宣言し、次に決議事項の審議に入った。

【決議事項】
第1号議案 貸借対照表及び正味財産増減計算書の承認について
議長は、執行部に、貸借対照表及び正味財産増減計算書について説明を求めた。
石河業務理事より貸借対照表及び正味財産増減計算書の内容につき詳細な説明があった。
議長より、会場に意見を諮ったところ意見はなかった。
続いて議長は、これを議場に諮ったところ、満場異議なく決議された。
以上をもって決議事項の終了を宣言し、その他事項に入った。

【その他事項】
その他事項はなかった。
議長は、予定の議案はすべて決議され滞りなく審議を終えたことを宣言し、総会役員を解任した。

15 議長降壇

16  閉会の辞
界外副会長が、第67回一般社団法人三重県診療放射線技師会総会の閉会を宣言した。

以上をもって本日の議案全部の審議を終了し、14時20分閉会した。

以上、原本と相違ないことを証明する。

平成29年5月27日

一般社団法人三重県診療放射線技師会

会長 山田 隆憲

[議事録] 平成28年度 第4回 理事会 議事録

平成28年度 第4回 理事会 議事録

1 開催日時  平成29年4月18日(火)19:30~22:00

2開催場所  三重大学医学部附属病院外来棟4階 会議室B
(津市江戸橋2-174)

3 出席者氏名
【役員】山田 隆憲、中西 左登志、浅沼 源示、石河 真人、
村上 謙二、北林 厚生、大川 和穂、森田 英稔、坪井 茂樹、
川野 聡子、武藤 裕衣、丹羽 正巌、難波 一能、荻野 豊、牧 浩昭
【参与】北岡 ひとみ

4 進行等

定款第30条により会長が議長となり、午後7時30分開会を宣言した。

理事会を構成する理事17名のうち13名及び監事2名の出席を得たので、適法に成立する旨を述べ、議事録の作成に係る職務を行う者として村上理事を指名し、議事の審議に入った。

5 議事

【検討事項】

  • 第67回定期総会について

山田会長から、平成29年5月27日(土)に三重大学において開催する創立65周年記念式典及び第67回総会について、別紙プログラム(案)により式次第、議事の内容、役割分担等について報告及び提案があった。

  • 式典の役割分担は以下のとおりとなった。

受付は会長、両副会長、村上理事、石河理事、大川理事、事務局村田氏

表彰式の補助役として三重大学から2名の女性会員にお願いすることとした。

司会は丹羽理事

開会の辞は中西副会長

閉会の辞は界外副会長

〇 当初、式典の受付開始を13時から、開式を13時30分としていたが、後の学術講演会の開始時間を考慮して、受付開始を12時30分、開式を13時に変更した。

  • 総会の役割分担は以下のとおりとなった。

司会は丹羽理事

開会の辞、CCRT学術奨励賞発表及び勤続表彰者の披露は中西副会長

議長は伊勢赤十字病院の釜谷氏にお願いする。

資格審査報告は受付担当

会場整理係は森田理事と北林理事

議事録署名人は川野理事と村上理事

議事、報告事項1号の28年度事業経過は山田会長、庶務報告は村上業務理事、

監査報告は牧監事、報告事項2号の29年度事業計画は山田会長、

予算報告は石河業務理事

議事、決議事項1号議案の貸借対照表及び正味財産増減計算書の承認は石河業務理事

・ 報告事項の内容については、全員異議なく承認された。

  • その他、総会資料(案)について、全員で確認、校正を行った。
  • 一般社団法人三重県診療放射線技師会 講師料等支払規程の決定について

石河業務理事から、先に中西副会長から要望のあった講師料等の支払規程について、別紙(案)に基づき説明があった。

全員に諮ったところ、異議なく承認された。

  • 女性部会からの報告について

川野理事・武藤理事から、女性部会での決定事項等について報告があった。

決定事項の主な内容は、アンケートの実施、会ホームページへの掲載及びフレッシャーズセミナーでのランチョンセミナーの実施

ⅰ会員対象のアンケートについて

女性部会が行うアンケート「診療放射線技師の育児・介護休暇および妊娠中の業務に関するアンケート調査」及び武藤理事の調査研究による「ワークライフバランス」に関する意識調査について、別紙(案)により説明があった。
設問の内容等について幾つか意見があったが、大筋で承認された。
近々に当会事務所から発送される総会資料に同封して、各会員に送付することになった。

ⅱ技師対象の検診マンモグラフィの認定講習会について

検診マンモグラフィの講習会の受講が難しくなってきているため、三重県技師会で開催してほしいとの要望が出された。
最近は、更新講習も含めて申し込んでもなかなか受講できない状況になっており、受講料は少々高くても受講希望者は集まると思われる。
会計担当理事からは、会計処理の問題から会の事業として開催するのは難しい。別会計として後援ならできるのでないかとの意見があった。

ⅲ第2回中部7県女性躍進推進委員会の会議報告

【報告事項】

  • 表彰委員会報告について

村上業務理事から、創立65周年記念式典における表彰対象者として別紙名簿のとおり決定したい旨の提案があった。
会長功労表彰候補者のうち既に退会した会員1名を除き、全員承認された。
また、受賞者へ送る記念品について、昨年のCCRTの講師等にお贈りしたものと同様のもの(ミキモトのボールペン)としたいとの提案があり、異議なく承認された。

表彰文(案)については異議があり、再検討することとなった。

  • JART第1回 医用画像情報精度管理セミナーについて

山田会長から、日放技からの依頼があり、別紙のとおり第1回の医用画像情報精度管理セミナーが平成29年6月24日(土)に鈴鹿医療科学大学千代崎キャンパスにおいて開催されることになったとの報告があった。

以上をもって本日の議案全部の審議を終了し、午後10時閉会した。

以上の内容は本文と相違ないことを証明する。

平成29年4月18日

一般社団法人 三重県診療放射線技師会

会長 山田 隆憲

[議事録] 平成28年度 第1回 業務理事会 議事録

平成28年度 第1回 業務理事会 議事録

1 開催日時  平成29年4月11日(火)19:50~21:00

2開催場所  三重大学医学部附属病院外来棟4階 会議室B
(津市江戸橋2-174)

3 出席者氏名 山田 隆憲、中西 左登志、界外 忠之、山田 剛、
浅沼 源示、石河 真人、村上 謙二、荻野 豊、牧 浩昭

4 進行等

定款第30条により会長が議長となり、午後7時50分開会を宣言した。

業務理事会を構成する理事7名全員及び監事2名の出席を得たので、適法に成立する旨を述べ、議事録の作成に係る職務を行う者として村上理事を指名し、議事の審議に入った。

  • 議事

【検討事項】

(1)第67回定期総会について

山田会長から、平成29年5月27日(土)に三重大学において開催する創立65周年記念式典及び第67回総会について、別紙プログラム(案)により式次第、議事の内容、役割分担等について報告及び提案があった。

  • 式典の「開会の辞」は中西副会長、「閉会の辞」は界外副会長が担当する。
  • 総会の第9回CCRT演題発表における学術奨励賞(日放技会長より)の発表及び28年

度勤続表彰者の披露は中西副会長が担当する。

  • 総会の議長は、伊勢赤十字病院の釜谷さんにお願いすることとした。
  • 総会の資格審査報告及び会場整理係は次回理事会で決定することとした。
  • 総会議事の「その他」事項は、執行部側からの提案はなし。
  • 総会の「閉会の辞」は界外副会長が担当する。

〇 式典次第の「来賓紹介」について、今回、来賓は三重県庁健康福祉部からの1名のみであるため、表彰式の前に「来賓祝辞」を頂けば、来賓紹介と兼ねることができるのではないかとの意見があり、「来賓紹介」を無くし、「会長挨拶」の次に「来賓祝辞」を頂くことに変更した。

(2)講師料等支払規程(仮称)の決定について

中西副会長から、本会が主催する研修、セミナー等の講師料を会として明確に定めていなかった。
別紙のとおり他県の例と日放技の規程を取り寄せたので、参考にして早急に本会の規程を策定してほしいとの要望が出された。
これを受けて石河業務理事から資料を参考にして本会の規程(案)を早急に作成し、次回理事会に諮りたいとの発言があった。

(3)その他   特になし。

【報告事項】

(1)JART第1回医用画像情報精度管理セミナーについて

山田会長から、日放技からの依頼があり、別紙のとおり第1回の医用画像情報精度管理セミナーが平成29年6月24日(土)に鈴鹿医療科学大学千代崎キャンパスにおいて開催されることになったとの報告があった。

(2)その他   特になし。

以上をもって本日の議案全部の審議を終了し、午後9時閉会した。

以上の内容は本文と相違ないことを証明する。

平成29年4月11日

一般社団法人 三重県診療放射線技師会

会長 山田 隆憲

[議事録] 平成28年度 第1回 女性部会

平成28年度 第1回 女性部会 議事録 

平成29年1月26日 19時30分から
三重大学医学部附属病院 中放スタッフ控え室にて

出席者

山田隆憲、浅沼源示、川野聡子、落合三奈恵、近藤偲瑞子、森田昌枝、武藤裕衣、井上友美中西幸子、村田茂代、池田華奈子

1. 28年度事業報告

第9回CCRT女性サミット及び中部女性活躍推進会議の報告

中日本地域7県のパネリストの先生方に妊娠中の業務内容、そのガイドライン作成に向けてディスカッションが行われた。

来年のCCRTは岐阜県で開催される。中日本の女性部会の代表は東海(愛知・岐阜・三重・静岡)の吉川典子先生に引き続きお願いし、副代表は北陸(石川・富山・福井)から選出する予定。今後も、東海・北陸で代表・副代表を分散する。

愛知や岐阜では女性部会の活動がされているが、三重も活動を行っていくようにと助言をいただいた。

2. 29年度事業計画

  • 三重県下の女性技師の実情の把握

岐阜県のアンケートをベースにして三重県でも実施

川野先生より、三重県では岐阜県のアンケートをベースに、妊娠についてのアンケート調査を実施することが提案され承認された。また、武藤先生より、29年度に実施する「ライフイベントとキャリア・アンカーに着目した診療放射線技師のキャリア支援についてのアンケート調査」について、三重県診療放射線技師会および女性部会への協力が要請され、意見交換の結果、協力が承認された。理事会承認後、実施される。

女性部会アンケートについて、全員対象の項目と男性を対象とした項目、女性を対象とした項目に分けそれぞれを集計する。

アンケートの集計は、武藤先生が担当する。

アンケートの作成について、女性部会では、男女別の項目を作成することとなった。男女別の項目はたたき台となるものを作成し、メールで共有し検討する。

アンケートの配布方法は原則として、施設ごとに送付する。方法として、メーカーにお願いする、または、間に合えば総会の資料発送(5月22日まで)に同封してもらうなどの意見があった。

回答は個人でしてもらう。回収方法は、封をして施設ごとにまとめて返信してもらう、後納郵便の封筒を用意しそれぞれに投函してもらう、という意見があがった。

切手を貼った返信用封筒を同封して送るという意見もあったが、返信してもらえなかった場合、切手代が無駄になるので郵便なら後納にしたほうがよいのではとの意見が上がったが、今後継続検討する。

この他、アンケート調査実施に関して、

“技師会の会員・非会員にかかわらずアンケートをおこなう。”

“Googleスプレッドシートでアンケートを作成してメールで回収する”という意見もあったが、回収率が低くなる可能性が高いということで紙運用にて実施することとなった。

  • 三重県技師会HPの女性部会の小部屋について(案)

・当アンケートにご協力をお願いする旨を掲載する。

・アンケートの結果をホームページで報告する。

  • フレッシャーズセミナー(7月22日)の内容について

新人の人数が限られているので隔年で開催していたが、本部より毎年開催するよう指示があり今後は毎年行っていく。

女性部会の活動として、フレッシャーズセミナーでランチョンセミナーを開催してはどうか。内容として新人が知っておいた方が良い法律関係について社会労務士の先生にお話していただく。当直業務と勤務の違い、育休・産休の期間、妊娠中に申請できる休暇など、女性部で項目を検討しお伝えする。

三重県技師会にお弁当(¥1000/人)の予算をお願いした。

対象者は1〜2年目の技師及びその上司とする。グループワーキングを考慮してペアでの参加を呼びかける予定であったが、ランチョンセミナーであるため必ずしもペア参加に限らず。(参加者の増加を見込みたいので上司にも参加を呼びかける。)

フレッシャーズセミナーの開催目的のひとつに技師会の入会勧誘も含まれるため、非会員の参加も歓迎する。技師会に入会すれば医療事故のための保険に加入できることなどを周知させる。

  • 今後の行事や活動について

平成29年度の活動は、フレッシャーズセミナーでのランチョンセミナーとアンケート調査を実施する。

ランチョンセミナーについては理事会での承認済み。

これらを含め、4月の理事会で諮っていただく。理事会での承認が得られれば、5月〜6月の間にアンケートを発送したい。それまでにアンケートの内容をメールで共有し検討する。発送の時期は、武藤先生のご負担にならないように時期を選んでもらう。

来年度以降も継続してフレッシャーズセミナーの1枠を女性部会で担当するなら、来年度はメンタルケアについての講演が候補。

3. その他

 

 ・乳房撮影の認定講習会について

これまで三重乳がん検診ネットワークと精中委の共催で行ってきた認定講習会を、技師会を母体にして開催したい。認定講習会は知識や技術の維持のため、2~3年に一度は開催を希望。新規だけでなく更新も受講可能の要望あり。三重乳腺勉強会の世話人に協力依頼し、技師会の負担を最小限に移行していきたい。予算不要で、開催可能。この件を4月の理事会で諮っていただく。

 

 ・女性部会の役員を検討

会議の出席や活動の継続が困難になった場合、本人の意思を確認し、交代を検討する。

以上を持って議事録とする。

平成29年1月26日

一般社団法人 三重県診療放射線技師会

会長 山田 隆憲